F-1バーレーン・テスト2日目

公開 : 2014.02.21 11:56  更新 : 2017.06.01 02:14

  • メルセデスのニコ・ロズベルグは85周で2日目のテストを終了。

  • ケータハムの小林可夢偉は66周。タイムは1分39秒855。この日6番手となるタイムをマーク。

  • フォース・インディアのニコ・ヒュンケルベルグは2番手となる1分36秒445を記録した。

  • ウイリアムズは1日目、2日目あわせて116周をこなした。

  • ケータハムはテレメトリー・システムのセッティングに苦労をした。しかし小林可夢偉の走行には影響はなかった。

  • フェラーリのフェルナンド・アロンソは97周を走行。ベストタイムは1分36秒516。

  • マクラーレンのケビン・マグネッセンは、1分34秒910で2日目のトップ・タイムをマーク。

  • 昨シーズンのチャンピオン、レッドブルのセバスチャン・ベッテルは調整に追われる。

  • レッドブルRB10は、昨日同様、水温に問題を抱える。

  • ベッテルは合計59周をクリア。

  • 最終的には60周をこなしたジャン・エリック・ベルニュ。

  • トロロッソはベルニュが8番手タイムをマークして2日目を終えた。

  • サウバーのエスティバン・グティエレスは55周をこなした。

  • マルシャのマックス・チルトンはこの日11番手タイム。1分42秒511。

  • フェルナンド・アロンソは、最終的に3番手だったが、午前中はトップタイムをマークした。

  • アロンソの2日目は比較的短いテストだった。

  • 小林可夢偉は2日めのテストのスタートは遅かったが、それでも66周を走行。

  • トップタイムをマークしたフォース;インディアのニコ・ヒュンケンベルグ。ザウバーからの移籍だ。

  • ウイリアムズのバルテリ・ボッタスは2日で116周を走行。

マクラーレンがトップ・タイムをマークしてF-1バーレーン・テストの2日めが終了した。46周を走行したマクラーレンのケビン・マグネッセンが1分34秒910のタイムをマークし、一番時計を記録したのだった。

テスト序盤で好タイムを見せたのはフェラーリのフェルナンド・アロンソ。しかし、お昼頃にはフォース・インディアのニコ・ヒュンケルベルグの後の3位に落ちた。

チャンピオン、セバスチャン・ベッテルは慎重にRB10のテスト・プログラムを実行し、59周を走行。タイムは7番手の1分40秒340だった。

写真をクリックすると、キャプションが表示されます。

▶ 海外ニュース / F-1バーレーン・テスト1日目

関連テーマ