モーガン3ホイラー

公開 : 2014.03.07 22:30  更新 : 2017.05.29 19:16

■どんなクルマ?

モーガン3ホイラーがアップデートされた。この3ホイラーは2011年に発売以来、既に1,000台以上が販売されているというから驚きだ。その2014年モデルは、それまでのモデルからいくつかの変更を受けたのだ。

しかし、パッと見では、どの部分が変更されたのかを知るのは難しい。先ず最初は、おそらく英国よりも暑い国向けの対策と思われるが、街中での冷却性能の向上のため、エンジン・トップにクーリング・パックが取り付けられた。また、それに付随して幾つかのエア・ベントがボディにも開けられた。外観上の違いはそれだけだ。

メカニズム面では、捻れ剛性のアップ(初期のモデルは、度重なるコーナリングでシャシーのねじれを感じた)、パンプ・ステアを減らすためのステアリング・ジオメトリーの変更などが行われている。

■どんな感じ?

雨に濡れた路面へと、ロンドンのモーガン・ディーラーから3ホイラーを走らせる。しかし、アップグレードされた部分は直ぐには感じられない。パワートレインは、スムーズだが、それは昔からそうだ。

81psの1983ccのVツイン・エンジンは、相変わらずゴツゴツとした感じだが、総じてドライブ・フィーリングは悪くない。マツダMX-5用の5速マニュアル・ギアボックスは、ベルト・ドライブを介してリア・ホイールに駆動を伝えるが、この部分は若干リファインされたようだ。

しかし、そのドライブ・フィーリングは、私が覚えているものそのもので、基本的なキャラクターも乗り心地も何も変わっていない。そして、それは決して悪いものではない。

充分なパワーとトルクは、ドライバーに適切なフィードバックを与える。ステアリングは、何のアシストを持たないが、非常に良いもの。スピードが上がるにつれ、重さも適度になっていくる。

エンジンは、大きなサウンドを立てながら回転を上げていくポジティブなもの。ハンドリングはアンダーステア傾向が強いが、路面状況に大きく左右される。しかし、リア・ホイールをスライドさせるだけのトルクは充分に備えていた。

■「買い」か?

すでに3ホイラーを買おうと思っているならば、それを止める気はない。思い切って買うべきだ。例え雨が降っていようと、エアロ・スクリーン越しに感じる景色は、ほかのあらゆるクルマでは感じられるものではないのだから。

(マット・プライヤー)

モーガン3ホイラ

価格 £31,140(537万円)
最高速度 185km/h
0-100km/h加速 8.0秒
燃費 10.6km/ℓ
CO2排出量 NA
乾燥重量 550kg
エンジン V型2気筒1983cc
最高出力 81ps/5250rpm
最大トルク 14.2kg-m/3250rpm
ギアボックス 5速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事