マツダのニュース/新車情報/試乗記

マツダは、現存する日本の自動車メーカーでは2番目に古い。そのルーツは、1920年に創業された「東洋コルク工業」という会社だ。つまり、今年は創業100周年にあたる。その名のとおり、コルクの製造・販売を手がける会社だった。 1927年に東洋工業と会社名を変更し、軍関係の機械や兵器製造を行っていたが、オートバイや3輪トラックの製造も始める。ブランド名を「マツダ」としたのは、事実上の創業者である松田重次郎氏と、ゾロアスター教の最高神アフラ・マズダー(Ahura Mazda)にちなんでマツダ(Mazda)と名づけられた。 第二次大戦後は苦境の時期もあったが、ロータリーエンジンを実用化することで活路を見出し、多くの苦労を重ねながら「ロータリーのマツダ」を牽引車に生産は増加していく。だが、オイルショックやバブル崩壊による経営悪化からフォード社の傘下となるなど、紆余曲折を経たマツダだが、2015年にトヨタと資本提携関係を結び、現在にいたっている。 排出ガス規制の問題などで、現在のところロータリーエンジン車は生産されていないが、新技術のSKYACTIV(スカイアクティブ)に基づくクルマづくりは、ロードスターのようなスポーツカーやCXシリーズといったSUVにも反映されている。

もっと見る

マツダの車種

車種をもっとみる

マツダの記事

2024年版 ここまで進化した! 現代最強SUV 10選 海外の辛口評論家が選ぶ「ベスト」とは

NEW公開 : 2024.03.02 18:05

乗り心地、静粛性、速さ、広さ、見た目、どれをとっても欠点の少ない昨今のSUV。その中でも特に優れた10台を、英国の評論家が厳...

マツダ「クルマ好きの会社」目指す新拠点開設 人材採用・育成で新たなアプローチ

公開 : 2024.02.16 18:05

マツダが東京・六本木に新拠点「マツダイノベーションスペース東京」を開設。電動化を見据え、多様な人材確保とパートナー企業との取...

マツダ・ロードスター 玄人好みの商品改良でどう変わった? NDのモデルライフ9年目へ(2)

公開 : 2024.02.11 20:25

モデルライフ9年目となる、ロードスターが改良を行いました。後継モデルが誕生してもおかしくないタイミングですが、事実上の長寿宣...

マツダ・ロードスター 玄人好みの商品改良でどう変わった? NDのモデルライフ9年目へ(1)

公開 : 2024.02.10 20:25

モデルライフ9年目となる、ロードスターが改良を行いました。後継モデルが誕生してもおかしくないタイミングですが、事実上の長寿宣...

えっ、愛車が型式指定取り消しに! まさかの事態、どう対応する? ダイハツ問題を通じ解説

公開 : 2024.02.08 18:35

・型式指定取り消し、リコール 急に耳にするようになったことばは、こんな意味 ・対象とされたクルマ そのまま乗っても安全? 大...

マツダCX-5が売れ続ける理由 スポーティ新規グレードとディーゼル支持層 ロイヤリティも付随

公開 : 2024.02.06 17:45

マツダのCX-5が売れ続けています。第二世代の登場から早くも7年が経過してもなお好調の理由を探りました。見えてきたのはスポー...

マツダに「ロータリーエンジン開発グループ」がカムバック 新時代に適合した研究開発を加速

公開 : 2024.02.02 11:45  更新 : 2024.02.02 13:14

マツダは2月1日付で、社内に「ロータリーエンジン開発グループ」を復活させたとアナウンスしました。これを序章とし、新時代に適合...

マツダ、「ラージ商品群」の新型SUV「CX-70」をワールドプレミア まずは北米市場に投入へ

公開 : 2024.01.31 01:00

・マツダのラージ商品群第3弾「CX-70」いよいよ登場 ・2列シートでMHEVの3.3L直6とPHEVの2.5L直4を用意 ...

スマホ感覚でクルマを保有する時代に? 「クルマのサブスク」浸透せずとも徐々に拡大 #令和のカネ

公開 : 2024.01.27 10:00

「クルマのサブスク」誰でも一度は耳にしたことがある言葉でしょう。取材を進めると、「クルマを持つにはいろいろとおカネが」「手続...

人気テーマ

おすすめ記事