マツダのニュース/新車情報/試乗記

マツダは、現存する日本の自動車メーカーでは2番目に古い。そのルーツは、1920年に創業された「東洋コルク工業」という会社だ。つまり、今年は創業100周年にあたる。その名のとおり、コルクの製造・販売を手がける会社だった。 1927年に東洋工業と会社名を変更し、軍関係の機械や兵器製造を行っていたが、オートバイや3輪トラックの製造も始める。ブランド名を「マツダ」としたのは、事実上の創業者である松田重次郎氏と、ゾロアスター教の最高神アフラ・マズダー(Ahura Mazda)にちなんでマツダ(Mazda)と名づけられた。 第二次大戦後は苦境の時期もあったが、ロータリーエンジンを実用化することで活路を見出し、多くの苦労を重ねながら「ロータリーのマツダ」を牽引車に生産は増加していく。だが、オイルショックやバブル崩壊による経営悪化からフォード社の傘下となるなど、紆余曲折を経たマツダだが、2015年にトヨタと資本提携関係を結び、現在にいたっている。 排出ガス規制の問題などで、現在のところロータリーエンジン車は生産されていないが、新技術のSKYACTIV(スカイアクティブ)に基づくクルマづくりは、ロードスターのようなスポーツカーやCXシリーズといったSUVにも反映されている。

もっと見る

マツダの車種

車種をもっとみる

マツダの記事

NEW

2021.03.01

【際立つ独自性】マツダCX-5 2.5 AWDを英国試乗 小変更 非ハイブリッド 非タッチモニター

マツダらしい独自性を備えたミドルクラス・クロスオーバー、CX-5。フェイスリフトの内容も、マツダらしいと英国編集部は評価します。 ...

2021.02.21

【既存車の制御プログラム最新化】「マツダ・スピリット・アップグレード」開始

マツダは、制御プログラムなどの最新化サービス「マツダ・スピリット・アップグレード」を開始しました。 ...

2021.02.18

【まだ押しが弱い?】マツダMX-30 ズバリ「2.5Lターボを積むべき」

先日EV仕様が登場したマツダMX-30。生き残り策として2.5Lターボを積むことを提言します。 ...

2021.02.10

【ロードスター快進撃】コロナで苦戦のマツダ それでもND健闘の理由

コロナ禍で苦戦したマツダ。しかし、ロードスターはほぼ例年どおりに売れました。その理由とは? ...

2021.02.05

【マツダの真骨頂】マツダ3乗り比べ スカイアクティブD電動化に現実味

マツダの真骨頂、スカイアクティブD。このエンジンの電動化についてマツダ3の公道試乗を通じて考えました。 ...

2021.01.03

【コスモスポーツからRX-7まで】マツダ100周年 英国編集部 お気に入りモデル9台 前編

1920年に東洋コルク工業として創立したマツダは、2020年に100周年を迎えました。振り返ればロータリーエンジンにル・マン優勝、ロードスターなど話題...

2020.12.26

【2020年で一番ドライビング・ファン】マツダMX-5(ロードスター) 純粋さを失わない 英国の評価

オープン・2シータースポーツのロードスター。手頃な価格で、身近にクルマの楽しさを味わえる貴重な1台です。ロードスター以上に安価にドライビングファンを楽...

2020.12.17

【2020年WCOTY特別仕様車も】マツダ、CX-30を商品改良 最高出力はアップ、安全性も向上

マツダは、CX-30を商品改良し、全国のマツダの販売店を通じて、一部のモデルを2020年12月17日より発売します。WCOTY特別仕様車も設定されます...

2020.12.17

【FC/FDユーザーへ朗報】マツダ、RX-7のサービスパーツの再供給を開始 クラッシック・マツダHPも更新

マツダは、供給終了となっているRX-7のサービスパーツを復刻して再供給すると発表しました。2代目は30点、3代目は61点の復刻パーツが再供給されます。...

2020.12.11

【内外装色を追加】マツダ・ロードスターを改良 BBS/レイズ製アルミホイール、ブレンボ製ブレーキの限定車も

マツダは、 ロードスターとロードスターRFを一部改良し、2020年12月10日より発売しました。限定車・RSホワイトリミテッドセレクションが設定されま...

人気テーマ