メルセデス・ベンツC63 AMGは最終テスト段階

公開 : 2014.03.28 22:40  更新 : 2021.01.30 21:38

11月のロサンゼルス・モーターショーでデビューするメルセデス・ベンツC63 AMGは、最終的なテスト段階に入っている。発売は来年初めにな予定で、その後クーペ、エステート、コンバーチブルが追加されることとなる。

大きな下部のセンターおよびサイド・エア・インテークと、サイド・スカートがスタンダードなCクラスとの違い。また、トランクにマウントされたリップ・スポイラーと、新しいクワッド・エグゾースト、リデザインされたバンパーによって、よりマッシブなアピアラインスを強調している。更に、新しいAMG専用ホイールも装備される。

エンジンは、500psの4.0ℓV8ツインターボが、これまでの457psの6.2ℓV8ノーマル・アスピレーションに代わって搭載される。

なお、4WDモデルとRWDの両方が用意される最近のAMGのトレンドとは異なり、このC63 AMGはRWDのみの設定となる。

関連テーマ