ジャガーSUVは2016年デビュー

公開 : 2014.04.01 22:30  更新 : 2017.06.01 02:13

ジャガーの新しいSUVは、2016年の登場が予想されているが、それを前にエンジニアリング・テストが行われている。

C-X17は、コンパクト・サルーンであるXEと同じアルミニウム・アーキテクチャーをベースにする。ネイティブにはリア・ホイール・ドライブのシャシーであるため、レンジローバーやディスカバリー・ファミリーがラグジュアリー且つオフロード性能を重視したモデルであるのに対し、ポルシェ・マカンに対抗するスポーツ・クロスオーバーとしての性格を醸し出すことが可能だ。

現時点では新しいディスカバリーのチョップド・トップ・ボディが架装されてのテストが行われている。幅広いドレッド、長いホイールベースなどは、4.7mの全長を持つ昨年公表されたコンセプト・モデルと近い寸法と思われる。

このC-X17は、ジャガーの中期計画には非常に重要なポジショニングを持つモデルで、このセールスが成功してこそ年間200,000台に伸ばす計画が達成される。

エンジンはインゲニウム4気筒ユニットで、ツインターボ・バージョンは300km/hの最高速を誇るという。また、純粋なRWDモデルが用意されるかどうかは不明だが、燃費を考えるとその可能性も高い。また、オール・アルミの構造と、軽いエンジンのため、1865kgのマカンよりも軽くなると予想される。

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像