ホンダ、ベトナムに汎用製品の販売会社設立を決定

2014.04.02

ホンダは、将来の市場拡大が見込めるベトナムにおいて、良いものを早く、安く、低炭素でお届けするため、汎用製品の輸入・卸販売会社の設立に向けて、2014年3月31日にベトナム・ホーチミン市の人民委員会に新会社の設立に必要な申請書類を提出した。新会社は、2014年10月の事業運営開始を予定している。

新会社名はホンダベトナムパワープロダクツ・カンパニー・リミテッドとし、現地法人の新規設立によりベトナムでの事業基盤を整え、汎用パワープロダクツ事業のスローガン「役立つ喜び、もっと広げたい」の実現に向けて、現地に根差した販売・マーケティング業務を行っていくという。現地法人を通じて汎用製品の販売を行い、お客様の多様なニーズや市場環境をより理解することで、今後の市場成長に備え、ベトナムでの汎用事業のさらなる拡大を目指す。

発電機やエンジンを含むベトナムの汎用パワープロダクト総市場は、2013年実績で約38万台と、農業の機械化が進むベトナムで着実に拡大している。ホンダは、ベトナムにて1994年よりディストリビューターのホア ビン コーポレーションを通じた汎用製品の販売を行っているほか、ライトユース・低価格エンジン市場に向けた4ストローク汎用エンジン、GPシリーズを発売するなど、アジアを中心とした新興国向け汎用製品の投入を進めてきた。今回の現地法人設立により、農機店、大規模小売店、作業機械メーカー(OEMメーカー)など、ベトナム全域での販売網拡大と、サービスの提供を目指していくという。

ホンダベトナムパワープロダクツ概要
設立  :2014年10月(予定)
資本金 :4,100万ドル
出資比率:アジアホンダモーターカンパニー・リミテッド 100%
所在地 :ホーチミン市
事業内容:汎用パワープロダクツの輸入および卸販売、アフターセールスサービス
従業員数:約30名(予定)

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

自動車ニュースの人気画像