トヨタ自動車、PHV・EV・住宅間の相互電力供給システムを開発

2012.06.05

トヨタ自動車は、プラグインハイブリッド車や電気自動車などの電気利用車両と住宅との間で電力を相互供給するシステム(V2H)を新たに開発した。2010年4月に始まった豊田市低炭素社会システム実証プロジェクトの一環として、同プロジェクト実証住宅の約10世帯を対象に、プリウスPHVを使って2012年末からV2Hシステムの供与を開始する予定だと発表した。

今回開発したV2Hシステムは、車両への充電はもとより、車両に蓄えた電力を住宅へ供給することもできるため、双方向の電力供給が可能となる。PHVに搭載した交流・直流変換器により車両から交流電力を供給するとともに、車両・充電スタンド・住宅の間のデータ通信により電力の流れを制御する。この新たな仕組みにより、家庭内・地域内の太陽光発電を利用して作られた低炭素の電力や低コストの夜間系統電力を、住宅に設置した充電スタンドを経由して車両に充電・備蓄しておき、電力需要のピーク時間帯などに車両に蓄えた電力を交流電力で家庭内に供給する。このような最適な電力の流れは、家庭内に設置されたエネルギーマネジメントシステム(HEMS)が自動制御する。

また、災害時などには車両の蓄電池を非常用電源として利用し、手動切り替えで車両から充電スタンドを介して家庭内の照明やコンセントへ交流電力を供給することができる。PHV1台で、一般家庭の日常使用電力の約4日分がまかなえる。

電力需給逼迫への対応や再生可能エネルギーの本格導入、また、災害時の非常用電力供給などのニーズが高まる中、スマートグリッドへの関心や電気利用車両の蓄電池活用への期待が高まっている。PHVは、充電した電力を使い切ってもハイブリッド車としてガソリンで走行することができるため、電力を住宅に供給しても、いつでも車両として走行することができるという利点がある。

さらにV2Hシステムとは別に、今回の取り組みで使用するPHVには、災害時の避難所などにおける利用を想定し、車両から家電製品に電力を直接供給することができる機器を装備する。

トヨタは、新規開発したV2Hシステムを通じて、より低炭素で無駄のないエネルギー活用に貢献し、豊田市プロジェクトの目指す「地域のエネルギー自立化」を支援するという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

トヨタの人気画像

×