地震の影響でアヴェンタドールの生産に遅れ

公開 : 2012.06.07 18:38  更新 : 2017.06.01 00:55

先月、北イタリアを襲った地震によってパーツの供給が遅れ、ランボルギーニ・アヴェンタドールの生産にも影響が出てきている。

サンタ・アガータのランボルギーニ工場の付近は、5月20日に強い地震に襲われた。また5月29日にも2つの大きな余震があった。この地震は、エマリア・ロマーニャ地域に4000億ユーロ(40兆円)の損害をもたらし、600以上の工業会社に影響を与えた。

ランボルギーニの工場自体は損害を受けなかったが、一部の重要なパーツ供給元の動きが鈍くなり、その結果、特定の重要なコンポーネントの組立工程を見なおさなければならなくなったとランボルギーニはコメントしている。そのため、アヴェンタドールのデリバリーに遅れが出てきているのだという。

ただし、この遅れはアヴェンタドールに限ったことで、ガヤルドの生産には影響がないという。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事