マツダ、メキシコ新工場従業員の日本研修を開始

2012.06.07

マツダは、メキシコに建設中の生産事業合弁会社 Mazda Motor Manufacturing de Mexico S.A. de C.V.(MMMdM)の新工場従業員の日本での研修を6月4日より開始した。

6月7日にマツダ本社で実施した開講式には、研修生の第一陣として来広した製造領域の管理者など12名が参加した。研修生は、マツダミュージアム見学や安全健康教育に関する講習などを受けた後、担当領域ごとに実作業を通じ、リーダーの役割やマツダ生産方式、マツダの品質についての考え方などについて学ぶ。また、週末には地域イベントへの参加などを通じて、マツダ社員や地域住民との交流も深められるような取り組みも予定している。

マツダでは、2013年度までに、MMMdMの中枢となるエンジニア、管理・監督者を中心に約180名を数回に分けて受け入れ、今後MMMdMで担当する業務に応じて、生産・物流部門や品質部門などで研修を実施するという。また、一部の研修生は、財団法人/海外産業人材育成協会による研修生受け入れ制度を活用した約6週間に渡る日本語および日本文化に関する研修を受講した上で、マツダ本社での研修に参加することとなる。

メキシコ現地での新工場建設については、2011年10月に起工式を実施し、工事が本格化している。2012年には屋根・外壁などを含む工場建屋が完成する予定であり、2013年度中の操業開始に向けて、準備は計画通りに進んでいるという。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事