ルノー・クリオに2つのホット・バージョン

公開 : 2012.06.13 11:20  更新 : 2017.06.01 00:55

ルノー・クリオの2つのホット・バージョンが初めてテストしている姿を捕らえることに成功した。ルノー・クリオ・ルノースポーツとスポーツの2台は、2013年または2014年の前半に発表されることとなる。それは、9月のパリ・モーターショーで発表される第4世代のクリオの派生モデルとしてデビュースルこととなる予定だ。

この2台は、ドイツでわれわれのスクープ・フォトグラファーによってキャッチされた。カモフラージュにもかかわらず、トップ・レベルのホット・クリオRSは、空力的なパッケージをまとっていることがわかる。広いエア・インテークを持つフロント・バンパー、大きなサイド・スカート、角度の付けられたエグゾースト・パイプ、そしてサイドとリアのディフューザーなどがそれだ。

どんなエンジンがクリオRSに搭載されるかはまだ不明だ。しかし、第3世代のクリオに搭載されていた197bhpの2.0リッターではないことをルノーの情報筋は以前にAUTOCARに話している。

パワーは大きいが、より小さなキャパシティのターボ・エンジンという可能性もある。

今年の初めのジュネーブ・モーターショーで、ルノーのグローバル・マーケティング&コミュニケーション担当の副社長、ステファン・ノーマンは「我々は現在のクリオRSよりもパワーのあるクリオ4RSを発表する予定だ。」と語っていた。

このモデルは5ドア・ボディで提供される予定で、セクシーさとスポーティさをルノーに取り戻すデザインが与えれることになるという。ルノーのデザイン・チーフ、ローレンス・バン・デン・アッカーは、今年初めにAUTOCARに「5ドア・モデルも3ドアと同じようにスポーティなデザインがされている。」とコメントしている。5ドアのCピラーは、リア・ドアに上手く隠す演出がされており、一見したところ3ドアのようなデザインがされているのが特徴だ。

関連テーマ