ニュー・アウディA2はゴルフ・サイズに

公開 : 2012.06.13 11:38  更新 : 2017.06.01 00:55

アウディは第2世代のA2のサイズを、当初のスーパーミニ・サイズから急遽ゴルフ・サイズのハッチに変更したようだ。アウディの社長、ルパート・シュタートラーが昨年のフランクフルト・モーターショーで「既に生産モデルに近い状態にある」と話したモデルは3.8mのスーパーミニ・サイズだったが、これが4.1mのゴルフ・サイズにまで拡大されたのである。

その結果、インゴルシュタットの本部は、当初想定されていたMQBプラットフォームよりも、より大きいバージョンを使用することに決定したようだ。

2014年にデビューする予定のA2のボディの高さは1490mmから60mm高くなった1550mmとなる。その荷室容量も十分なものに変更される。

「われわれエンジニアが想定したものと、実際の顧客が日常的に使用することにおいて重要視するものとの違いがあった」とAUTOCARに語っている。

アウディはA2のベースが次世代のQ2と同じであるかについては現時点ではコメントしていない。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事