デウス 新型電動ハイパーカー「ヴァイアン」一部公開 4月13日発表予定 

公開 : 2022.03.25 19:45

オーストリアの新興メーカー、デウスは新型電動ハイパーカーをニューヨーク・モーターショーで公開します。

イタルデザインやウィリアムズと共同開発

オーストリアの新しい自動車メーカーが、ニューヨーク・モーターショーでデビューする「超限定的」で「高性能」な電動ハイパーカーの名称と予告画像を公開した。

ウィーンに本社を置くデウス・オートモビルズ(Deus Automobiles)は、4月13日に新型車「ヴァイアン(Vayanne)」を初公開する。

デウス・ヴァイアンの予告画像
デウス・ヴァイアンの予告画像    デウス

イタルデザインとウィリアムズ・アドバンスト・エンジニアリング(WAE)と共同開発されたヴァイアンは、「対称性と無限性」からインスピレーションを得たデザインを特徴とするという。

デウスは、「競争が激化するハイパーカー市場で抜きん出る」ことを目指し、「高級感のあるパフォーマンスとエクスクルーシブという点で革新的なコンセプト」になるとしている。

ヴァイアンのパワートレインについては明かされていないが、フロントやリアエンドの画像が公開されている。デウスによると、イタルデザインが「戦略的・技術的支援」を、WAEが先進技術と電動化技術を提供したという。

昨年、イタルデザインとWAEは、企業に対してターンキー(すぐに稼働可能な状態の製品)の高性能EVパッケージの販売を開始した。両社は、リサイクル複合材料とアルミニウムを使用して作成されたプラットフォームは、クロスオーバー、セダン、グランドツアラーに適していると述べている。

WAEの事業開発責任者であるディル・アーダッシュは、このプラットフォームにより「ダイナミクスと質量の点でクラストップ」のクルマを開発できると示唆した。

2~4基の電気モーターを搭載でき、最大160kWhのバッテリーに対応。航続距離も最大1000kmを実現できるという。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジャック・ウォリック

    Jack Warrick

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

EVの人気画像