フィアット500生誕7周年の記念限定車

2014.07.03

フィアット クライスラー ジャパンは、フィアット500 1.2スーパーポップ・バースデイ・エディションを、7月12日より限定200台で販売開始する。

「FIAT 500」の国内販売2万台突破を記念して発売された第一弾「FIAT 500 Super Pop」から第三弾の「FIAT 500 1.2 Super Pop 3」は、特にそのお買い得な価格設定が多くのお客様よりご支持をいただいてきました。

今回のフィアット500 1.2スーパーポップ・バースデイ・エディションは、本年7月4日にフィアット500がイタリアで誕生してから7年を迎えることを記念したモデル。エクステリアには、チンクエチェントで最も人気のあるボサノバ ホワイトのボディ・カラー、リア・ゲートの専用ステッカー、ビンテージ・スタイルのホイール・カバー・キットなどが設定されている。また、インテリアにはアイボリー/グレーのシート、ロゴ入り専用レザーシフトノブなどが装備される。

なお、価格については、これまで同様、特別装備を追加した上でベース。モデルと比べて安い1,792,800円(ベース車より約20万円安)となっているのも特徴だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事