スズキ、パレットにアイドリングストップシステム搭載車を設定

2012.06.18

スズキは、パレットに、アイドリングストップシステムを搭載したパレットSW XS アイドリングストップを追加し、6月18日より発売する。また、使い勝手を高めた特別仕様車パレット ISセレクションを6月26日より発売する。

今回新たに設定したパレットSW XS アイドリングストップはパレットSWの人気機種であるXSの2WD車をベースに、アイドリングストップシステムを追加して燃費を向上したモデル。

また、特別仕様車パレット ISセレクションはアイドリングストップシステムに加え、後席左側のパワースライドドアやフルオートエアコン、撥水加工を施したシート表皮の採用などを採用したモデル。

アイドリングストップシステムを搭載したパレットSW XS アイドリングストップと特別仕様車パレット ISセレクションは、22.2km/lの燃費を実現。環境対応車普及促進税制に適合している。

また、このモデルの追加と共に、パレット、パレットSW全車の一部仕様変更を実施している。

パレット、パレットSWは、乗降グリップを後席両側に採用し、後席にISOFIX対応のチャイルドシート固定用アンカーを採用している。

また、パレットのみの変更点としては、インパネ色を、あたたかみのある色合いのブラウンへ変更すると同時に、シート表皮およびドアトリム表皮はベージュ色を基調とし、優しく温かな印象としている。

価格は、パレットが1,207,500円から1,494,150円、パレットSWが 1,428,000円から1,677,900円。

関連テーマ

 
最新国内ニュース