ボルボ60シリーズの2015年モデルを発売

2014.10.01

ボルボ・カー・ジャパンは、60シリーズ(S60、V60、XC60)の一部仕様を変更し、2015年モデルとして10月1日より発売を開始した。

2015年モデルのボルボ60シリーズは、これまでオプション設定としていた先進安全装備および運転支援機能を含む「セーフティ・パッケージ」を標準装備化。新たにリアビューカメラを加え、10種類の安全装備・運転支援機能を「IntelliSafe10(インテリセーフ・テン)」として、全モデルに標準装備とした。歩行者・サイクリスト検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システムや全車速追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール、フル・アクティブ・ハイビームなど、10種類の先進安全・運転支援機能などが不標準となった。

また、直感的な操作が可能なマルチメディアシステム、SENSUS(センサス)も、インターネット接続機能や音声認識のボイスコントロール機能を追加し、操作画面を一新。さらに、カーナビゲーション連動型ITSスポット(DSRC)対応ETC車載器を標準装備とし、マップケア(ナビデータの無償更新)に対応した。ステアリングホイール上には、従来のボタンとスクロールスイッチに加え、新たにボイスコントロール機能が追加されたことにより、SENSUSの多くの操作がステアリングから手を離さずに行えるようになった。

更に、harman/kardonの12個のプレミアムサウンドスピーカーを搭載する総出力650Wのプレミアムサウンド・オーディオシステムをオプションで用意(S60/V60 T4、XC60 T5を除く。S60/V60/XC60 T6 AWD R-デザインは標準装備)した。

価格は、S60が3,950,000円から5,650,000円。V60が4,150,000円から6,650,000円。XC90が5,190,000円から7,190,000円となっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事