FOCJ スペチアーレ・クラシケ・ブランチ 御殿場

2014.10.12

text & photo:Kazuhide Ueno (上野和秀)

 
フェラーリ・ブランチ・スペチアーレが復活した。以前フェラーリ・ブランチの姉妹イベントとして親しまれていたが、フェラーリ オーナーズ クラブ ジャパン(FOCJ)のクラブ・イベントとして、聖地といえる御殿場ガーデンで行われた。テーマカーを持ち寄り、着席でフルコースを楽しむという形式は、かつてのブランチ・スペチアーレと変わらない。

今回はクラブ・イベントということもあり、スペチアーレ・モデルだけではなく、クラシケ・モデル、そして今年誕生20周年を迎えたF355もテーマカーに選ばれた。スペチアーレは最新のラ・フェラーリを始め、F40、F50、エンツォ・フェラーリ、599GTOはもちろん、458スペチアーレ、430スクーデリア、スクーデリア・スパイダー16Mなどの8気筒のスペチアーレ・モデルもグリーンに並べられた。

一方クラシケ・モデルは、フェラーリの歴史を築いてきた250GT TdFと4台の365GTB/4 “デイトナ”、512BBが参加した。まだ新しいイメージだが、そのデビューは1994年になるF355は、ベルリネッタ、スパイダー、チャレンジが各地から7台が集まり、誕生20周年を祝った。グリーンの上では、旧知の友や新たなメンバーたちが、クルマを囲みながらフェラーリ談義に花を咲かせていた。

  • 日本におけるフェラーリの聖地といえる御殿場ガーデンに、色とりどりのスペチアーレと、クラシケが集まった。

  • 会場の中央には最新のスペチアーレ・モデルであるラ・フェラーリが展示され、参加者の注目を集めていた。

  • スペチアーレのF40、F50、エンツォ・フェラーリは、ラ・フェラーリを取り囲むように並べられた。

  • こちらは最新の8気筒限定モデルの458スペチアーレのコーナーで、4台が各地から参加した。

  • 伝説となったGTOの名を受け継ぐ現代のモデルとして送り出された599GTOは2台が参加。

  • 全世界499台限定生産の希少な存在であるスクーデリア・スパイダー16Mも御殿場ガーデンに姿を見せた。

  • フェラーリの歴史を築いてきた250GT TdFと365GTB/4 デイトナは、スタジオに特別展示された。

  • 今回クラシケ・モデルは、250GT TdFと4台の365GTB/4デイトナ、そして512BBとちょっと寂しかった。

  • 今年はF355誕生20周年となることから特別展示が行われた。全国から7台が参加し20周年を祝った。

  • 松田芳穂名誉顧問による乾杯の発声から、もうひとつのお楽しみであるブランチの食事会が始まった。

  • 食事は以前のブランチ・スペチアーレ同様に着席で、タンタローバのイタリアン・フルコースを楽しんだ。

  • ラ・フェラーリを囲んで参加者全員で記念撮影。クラブ・イベントだけにアットホームな雰囲気が特徴だ。