アウディA1フェイスリフト

公開 : 2014.11.18 22:10  更新 : 2017.06.01 02:11

アウディは4年めを迎えるA1にフェイスリフトを施した。

中心となるのはエントリー・レベルのモデルで、来年4月からデリバリーが開始される3気筒ディーゼル・エンジンが搭載される。ガソリン・エンジンに採用されているアダプティブ・ダンパーとドライブ・セレクト・ファンクション、アウディ・コネクトとWiFiホット・スポット・ファンクションを備えたインフォテーメント・システムはオプションで選択可能だ。

アウディA1およびA1スポーツバックは、現在までに500,000台という好調なセールスを記録しているモデルだけに、外観の変化は最小限にとどまっている。フロント・バンパー、6コーナーのシングル・フレーム・グリル、リア・バンパーは僅かな変更に収まっている。主にリア・バンパーの変更は、全長を20mmほど延長する結果となり、全長は3980mmとなっている。

ペイントは通常のシングル・カラーとルーフが異なる2トーンの2つが選べるのも従来通りだ。

エンジンは、6タイプ。4つのガソリン・ユニットと、2つのディーゼルだ。1.0ℓ3気筒ターボのコモンレール・ディーゼルは初採用。このエンジンは、ポロで採用されているもので、97psのパワーを持つ。Co2排出量は99g/kmで、燃費は3ドア・モデルで23.3km/ℓという数値だ。

4気筒ユニットは、125psと150psの1.4ℓダイレクト・インジェクション・ガソリン・エンジンで、シリンダー・オン・デマンド付き。また、115psの1.6ℓコモンレール・ディーゼルと、192psの1.8ℓダイレクト・インジェクション・ガソリン・エンジンもラインナップに加えられる。

ラインナップのトップ・モデルは、S1およびS1スポーツバックに搭載される2.0ℓ4気筒のTFSIユニットで、234psのパワーを持つ。0-100km/h加速はS1で5.8秒、S1スボーツバックで5.9秒。最高速は共に250km/hだ。また、燃費はそれぞれ13.9km/ℓ、13.7km/ℓ、CO2排出量は166g/km、168g/kmだ。

アウディは、A1、A1スポーツバックに、シャシーの安定性とハンドリングの向上を狙ったリファインを採用している。ステアリングは、アウディ・デュオ電子式油圧システムが新たに採用されている。

価格は、1.0ℓのTFSI SEトリムの£14,315(261万円)からで、1.4ℓTFSIが£16,690(304万円)から、そして1.6ℓのTDIは£15,390(280万円)からだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事