特別企画

2018.12.11

4つのタイヤを上手に使う術を知る メガーヌR.S.ドライビングアカデミー

編集部より

どういうふうに頑張れば、少しでも速く走られるようになるのでしょう? 「社会人1年目、ポルシェを買う。」で知られている、AUTOCAR JAPANの上野太朗が、「新型メガーヌR.S.ドライビングアカデミー」に参加し、学びました。

text:Taro Ueno(上野太朗)
photo:Hiroyuki Kondo(近藤浩之)

 

もくじ

速いことは、そんなにいい?
ドライビング・アカデミー
4つのタイヤをすべて使う
「わかる」と「できる」は違う
クルマ好きが作るクルマ

速いことは、そんなにいい?

速く走れることは、
そんなによいことなのだろうか?
ときどき僕は、そう思うことがある。

運転スキルはほどほど、けれど弁が立つひと。

言葉ではうまく表現せずに、
けれど運転がとびきり速いひと。

もちろん、そのどちらもを
高いレベルで両立させているひともいる。

いずれにしても
「うまいに越したことはないぜ」というのが
多数の意見のように思えてくる。

「ゆっくり走るだけでも楽しいよ」
というセリフ、僕自身もよく使うけれど
速く走れることができるうえで、
それをじわりと噛みしめるのと
ゆっくりの速度域を逸脱しないままに
そう述べるのはきっと世界が違うのだろう。

最近、同年代の速く走るひとたちに
立てつづけに出会った。
彼らはクルマの姿勢をぐっと低く保ったまま、
道が曲がっていてもグイグイとアクセルを踏み
積極的に姿勢を変えながら走ってみせる。

いつもそう走りたいわけではないけれど
そういうふうに走れたら楽しいだろうなぁ。
そう思い始めた矢先に、
ルノー・ジャポンからお誘いがあった。

「ドライビング・アカデミー」
というものだった。

ドライビング・アカデミー

「新型メガーヌR.S.ドライビングアカデミー」
というのが、そのイベントの正式な名前だ。
メガーヌR.S.を購入した一般顧客が主役で、
ぼくを含む報道陣は彼らに混じり
レッスンに参加し体験するというもの。
場所は富士スピードウェイ内、
講師はトム吉田さん。
教習車はぜいたくに4台のメガーヌR.S.だった。

レッスンの最大の目的は、
4つのタイヤを「きちんとすべて」使い
コーナーを征服することにある。
ただこの、きちんとすべてというのが難しい。

そのために身につけるべくは
「トレイルブレーキングだ」というのが
トム吉田先生のストラテジーなのである。

ぼくのイメージはこうだった。
コーナー手前でブレーキをゴツンと踏み
それをコーナー中腹まで踏み続けて
出口付近でアクセルに踏みかえ抜け出す。

しかし厳密には、もちろん違ったのだった。