スペシャルショップ

不動状態から手塩にかけて仕上げたF355 やはり自分の手元に・・・


Jスクエアの永井です。
不動状態で入手し、長らく手をかけて修理が完了したフェラーリF355。
個人的にF355が大好きなこともあり、自分で買い取って乗りたいなぁと考えていました。

ゆえに、自動車修理・販売業の経営者としては失格ですが、あまりに手をかけすぎてしまい、
途中からはコレは自分で乗るしかないと決めて修理をしていたので、採算度外視にこれでもか!
というくらいに部品交換や内装の修繕を行いました。
 
そうした様子を察知された方からは「これほどのコンディションの355はそうはない。
購入を前向きに検討させて欲しい」とのお言葉をいただくほど。
嬉しい反面、売れてしまったら寂しいし、ぜひ自分の手元に置いてF355のドライブを楽しみたい!
そんな気持ちが強くなって、やはり売らずにキープしておくことに・・・

会社名義で登録したので、使用する時はレンタル料を会社に入れて乗る予定です。
 
 



こちらは修理途中のスナップ。エンジンを降ろし、タイミングベルト、ウォーターポンプ、
ホース類全てなどを交換している時の様子です。
 


エンジン調整も行いました。汎用機のTEXAはエンジン回転数などの数値が読めるので重宝しています。
もちろんバルブタイミングも調整しましたので、エンジンの調子はバッチリです。
 


こちらはスイッチやエアコン出口など、内装部品のベタつきを直しているところ。
 


こちらはシートを外し、カビていた部分の清掃です。
専用の薬液でカビや汚れを落としています。。
汚れを落としてみると、レザー自体は補修塗装が必要な部分はあまりなく、
オリジナルを活かすことができました。
 



F355の内装はカビやすいので、専用のクリーニングマシンで洗浄後に
カーペットを全て剥がしてフロアとの間に炭シートを施工。カビを防止する加工を行いました。
おそらくカビが発生する前に、炭シートが湿気を吸着してくれるでしょう。
 



エンジンフードのエンブレムはキレイでした。
フロントは若干、クリアの下で腐食が進んでいるようでしたので交換しました。
エンブレムは両面テープとナットで止まっていました。
 


これらの部品を交換しました。
ほぼ全ての消耗品、ホース類、クラッチなど・・・
 


ミッションを外してクラッチ交換、ドライブシャフトブーツも交換しました。
 
私個人がF355に乗るのも見るのも大好きで、売り物として見ることができず、
「自分で乗っちゃおうかな」と思いながら作業をしていると、とんでもない数の
部品を交換していることに気付きました。

まさに心から「コレ欲しい!」と思えるほどのコンディションのクルマに仕上げることができました。
いつかは売れてしまうのか、旅立っていくのか、娘は授かったことはないですが、
娘を嫁に送り出すような気分を味わう日がいつか来てしまうんですかね〜。

株式会社 Jスクエア

神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
TEL:045-511-7418 FAX:045-511-7419
営業時間:10:00〜19:00 定休日:日曜日、祝祭日
URL:ABS・基板修理サイト https://abs-repair.com/  BMW車検関連サイト https://bmw-jsquare.com/ 
フェラーリ整備関連サイト https://ferrari-lamborghini.com/ 
Facebook https://www.facebook.com/jsquare.jp/  E-mail:[email protected]

新着ニュース

ニュース一覧