スペシャルショップ

11/1に袖ケ浦FRWで行われた袖森フェスティバルにロータス・エリーゼで参加してきました



MT-DRACOの高田です。
11月1日に千葉県の袖ケ浦フォレスト・レースウェイで開催されたサーキットイベント
「袖森フェスティバル」に参加してまいりました。

このイベントはレーシングドライバーである澤圭太さんが行っているドライビングレッスン団体ワンスマが
主催し、サーキット初心者も参加できる走行クラスも用意されるなど、非常に間口の広いイベントです。
ワンメイクではなく、様々な国籍・年代のクルマが集まる、バラエティーに富んだイベントでした。
 
 




私はMT-DRACOの最新作マフラーLOTUS-MF07を装着した愛車のロータス・エリーゼ、
そして同じくサイド出しタイプのLOTUS-MF08を装着したエキシージの2台で会場入り。
 



イベント内ではロータス正規ディーラーのお客様による走行枠「LOTUSエンジョイサーキット」もあり、
エリーゼ&エキシージで参加されるエントラントも多数おられました。
 
 




さて、この日のMT-DRACOはLOTUS横浜さん(DESTINO)のブースに居候させていただきました。
 



物販というよりも、日ごろ手に取って見られないアイテムを目の前に、クルマ趣味人の皆さんとの
井戸端会議が目的での参加です。何気にアストンマーティン・ワークス仕様のセンターロックホイールも
展示していたのですが、気付かれましてでしょうか? このホイールからのフィードバックにて
TWS T66-Fが誕生し、そのホイールをベースにMT-DRACOオリジナルスペックで受注製作しているのが
Falconeなんです。単に軽いだけではなく、通常のJWL基準では50萬回転で実施される半径方向負荷テストを
驚くべきその400%である200万回転で行いクリアーしているなど、通常のホイールメーカーでは行っていない
レベルで性能を磨き上げた、真の高強度・高剛性ホイールです。
 



ロータス 2ZZエンジン車用ビ・スポーク受注製作スポーツマフラー LOTUS-MF07も展示。
試作サンプルのテールピースはご提案として3タイプを製作しましたが、ご要望のデザインで製作可能です。

今回、イベント会場でLOTUS-MF07 & 08のサウンドを多くの方にご視聴いただき、
ほぼ全ての方から驚きとご賛同をいただいたのが、エンジン始動からアイドリング時の静粛性。

そして3000rpm以降の硬質で乾いたサウンド。さらにはブリッピング時の高周波揺らぎ音は
ユーザー様だけでなく、その道のプロの方々からも好評でした。

こうしたイベント時以外でも、実際に試乗・視聴とご体感していただけますので、
ご希望の方は、遠慮なくご連絡ください。

[email protected]
Mobile 080-6689-9950

MT-DRACO(エムティ・ドラコ)

神奈川県横浜市青葉区あざみ野3-23-5-F202
営業時間 10:00〜20:00
定休日 月曜日
TEL : 080-6689-9950
http://blog.goo.ne.jp/mt-draco E-mail : [email protected]

新着ニュース

ニュース一覧