スペシャルショップ

ポルシェ911カレラ タイプ996 エンジン不調/チェックランプ/振動/イグコイルのリーク/プラグホールシール劣化


こんにちは、Jスクエアの永井です。
996型ポルシェ911カレラのオーナー様から「エンジンの不調(振動が大きく伝わってくる)や、
エンジンチェックランプが点灯している」とご相談いただきました。
 
 

診断〜修理

エンジンの不調を診断していきます。


専用診断機で故障コードをチェックします。


▲【3番シリンダーのミスファイヤ】が入力されていました。
 
 
3番のイグニッションコイルを確認すると・・・


クラックが入っていました。エンジン不調はここからの点火火花のリークが原因です。
イグニッションコイルを全数交換します。
 
また、コイルを取りはずした際に見える、プラグホールにオイルが溜まっていました。


さらに手ペットカバー全体にもオイルが滲んでいました。
これらのオイル漏れは、プラグホールシールの劣化が原因です。
先ほどのコイルと併せて、プラグホールシールも交換します。
 
 


▲黒い部品がイグコイル。緑と赤の丸い輪っかがプラグホールシールです。
 


▲上が装着されていた古いコイルで、下が交換する新しいコイルです。
 
 


劣化した部品を交換し、オイルで汚れていた部分も清掃。キレイになりました。
 
さらに・・・


エアフロメーターの不具合も入力されていました。
 


エアフロメータを交換して、すべての作業が完了しました。

今回のエンジン不調は、996ではよくあるケース。
コイルのクラックが原因で、失火すると、エンジンの調子が悪くなります。
そのまま放置して走行し続けると、O2センサーや触媒などの高価な部品にも
ダメージを与えてしまう可能性がありますので、早めの修理をオススメします。

株式会社 Jスクエア

神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
TEL:045-511-7418 FAX:045-511-7419
営業時間:10:00〜19:00 定休日:日曜日、祝祭日
URL:ABS・基板修理サイト https://abs-repair.com/  BMW車検関連サイト https://bmw-jsquare.com/ 
フェラーリ整備関連サイト https://ferrari-lamborghini.com/ 
Facebook https://www.facebook.com/jsquare.jp/  E-mail:[email protected]