スペシャルショップ

GC8型スバル・インプレッサのABSランプ点灯修理 ユニット供給終了 配線修理で対応


こんにちは、Jスクエアの永井です。
今回は98年式のスバル・インプレッサのABS警告灯点灯修理のご紹介です。

ABSランプ点灯の時点でディーラーさんに相談されたそうですが、
「ABSユニットの部品供給が終了で修理できず、さらに中古部品も見つからなかった」
とのことで、弊社にご相談いただきました。
 


▲こちらが点灯していたランプ。
98年式のスバル・インプレッサのABSユニット故障の場合、ABSランプのみ点灯します。
 
 

ABSユニットの取り外し


インプレッサのABSユニットは、右ヘッドライトの後ろあたりにあります。 


こちらのABSユニットを修理します。
なお、部品のみ弊社にお送りいただく際は、丸い部分(電磁コイル)が
振動に弱いため、この部分をテープでしっかりと固定してお送りください。
 
 

ユニット内の配線修理


顕微鏡で拡大し、細かな配線部分を点検します。
肉眼では見えないほど小さな配線(約0.1mm)です。

10本ほどの配線が腐食して外れていました。
こちらを1本ずつ接続し直します。

その後、修理し終えたユニットを取り付けて、全ての作業が完了です。
 
 

部品供給が終了している場合

ディーラーさんではABSユニットが故障した場合、新品のユニットに交換します。
ですが今回のように年式や型式によっては部品の供給が終了していることもあります。
その場合の対処法は2通りあります。
・中古部品を探す
・基盤修理をする

今回のお客様のように中古部品さえ手に入らないこともありますし、
せっかく購入した中古部品が故障していた・・・というケースも実際にあります。
基盤修理の方が早くリスクも少なく解決できますので、ぜひご相談ください。

株式会社 Jスクエア

神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
TEL:045-511-7418 FAX:045-511-7419
営業時間:10:00〜19:00 定休日:日曜日、祝祭日
URL:ABS・基板修理サイト https://abs-repair.com/  BMW車検関連サイト https://bmw-jsquare.com/ 
フェラーリ整備関連サイト https://ferrari-lamborghini.com/ 
Facebook https://www.facebook.com/jsquare.jp/  E-mail:[email protected]