スペシャルショップ

2世代前のフォード・エクスプローラーABS修理 オーバーホールにて対応


こんにちは、Jスクエアの永井です。
今回、ABSの修理で来店されたのは、U251型フォード・エクスプローラーのお客様。
10年ほど前のモデルで、現行から2世代前となります。
 
 


点灯していた警告灯はこちら
 ・ABS
 ・ESP
 ・サイドブレーキ

故障箇所特定のため、診断をします。
 
 

診断


入力されていた故障コードがこちら
 C1095 ポンプモーターリレー回路不良

こちらの故障コードの場合、オーバーホールでの対応が可能です。
 
 

ABSユニット取り外し〜オーバーホール


まずはブレーキの配管が集合しているステーを取り外します。


このステーを外すと、ABSユニットを取り外すことができます。
 


こちらのABSユニットをオーバーホールします。
 


ABSモーターのベアリングが錆びていました。
 ・モーターコイル
 ・ブラシ
 ・ベアリング

以上3点を交換します。
 


修理後にブレーキ圧送機でエア抜きをして全ての作業は完了です。
点灯していた警告ランプも消え、ABSの不具合も解消しました。

旧型のフォード車のABSユニットは生産終了しているケースが多いため、
その場合は今回のような修理で対応します。
新品のABSユニットがあるとしても、日本国内には在庫がなく、
海外メーカーからの取り寄せで、いつ届くかわからないことがほとんどです。
修理した方が早く(約3時間)完了しますし、コストも抑えられます。
他社で修理できない、または部品の納期が未定と案内された方は
ぜひ弊社にご相談ください。

株式会社 Jスクエア

神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
TEL:045-511-7418 FAX:045-511-7419
営業時間:10:00〜19:00 定休日:日曜日、祝祭日
URL:ABS・基板修理サイト https://abs-repair.com/  BMW車検関連サイト https://bmw-jsquare.com/ 
フェラーリ整備関連サイト https://ferrari-lamborghini.com/ 
Facebook https://www.facebook.com/jsquare.jp/  E-mail:[email protected]