日産NV200タクシーが来年6月より発売

2014.11.26

日産自動車は、既にアメリカ・ニューヨークなどで次世代イエローキャブとして採用され、世界的にも40ヶ国以上で発売されているNV200タクシーを、日本でも来年6月下旬より発売すると発表した。

NV200タクシーは、NV200バネットをベースに開発したタクシー専用モデルで、ワゴンタイプならではの広々とした室内空間と荷室スペース、スムースな乗り降りが可能な大きなドア開口部やパノラミックルーフなどの採用がされたモデル。さらに新設計のシートとサスペンションの最適化により、乗り心地の面でもこれまでのセダンタクシー並みの快適性を実現している。

また、高いアイポイントによる視界の良さ、余裕のヘッドスペースに加え、優れた取り回し性能により、長時間運転することの多いタクシードライバーの疲労を低減することもできる。

価格は、ガソリン・モデルが2,196,720円から2,391,120円、LPGバイ・フューエル・モデルが2,816,640円から3,011,040円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事