マクラーレン・ホンダ、F1参戦マシンを発表

2015.01.30

マクラーレン・ホンダは、2015 FIAフォーミュラ・ワン世界選手権に参戦するマシン、MP4‐30を発表した。パワートレインには、ホンダ製のRA615Hというハイブリッド・ユニットが搭載される。

F1プロジェクトの総責任者である新井 康久専務執行役員は、「このマシンは、マクラーレンとホンダが一体となって、一切の妥協を許さずに開発しました。さくらとミルトンキーンズにいるホンダのエンジニアたちは、ヘレスのテストに向け、自信を持って開発したパワーユニットのパフォーマンスを発揮するため、仕上げに集中しています。」と語っている。

また、ホンダは、F1専用グローバル・ウェブサイトを新たに公開し、最新の情報を発信していくという。

ホンダF1専用サイト: http://hondaracingf1.com

 
最新国内ニュース