ロールス・ロイス・セレニティをジュネーブに出展

公開 : 2015.02.19 22:25  更新 : 2017.06.01 02:11

ロールス・ロイスはワンオフのコンセプト・モデル、セレニティをジュネーブ・モーターショーで発表する。

ファントムをベースにしたモデルで、シルクをモチーフにしたインテリアが特徴的。自動車業界に新たなベンチマークとなるべきラグジュアリーなキャビンだと、ロールス・ロイスは述べている。また、このコンセプト・モデルに使われるシルクは、かつての歴史上に存在した皇帝が富の象徴としてのシルクをも表すという。

ロールス・ロイスは、このワンオフのショーカーのため、日本のロイヤル着物とのコラボレーションを行った。

「セレニティは最も豪華なインテリアを持つモデルで、織物の最高の技術が使用されている。また、この優れた技巧、創造力はロールス・ロイスの高いレベルを示すものだ。」とコメントしている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事