フォルクスワーゲン・シャラン、フェイスリフト

公開 : 2015.02.19 22:10  更新 : 2017.06.01 02:11

第2世代のフォルクスワーゲン・シャランにミッドライフのフェイスリフトが施された。正式にはジュネーブ・モーターショーで公開される予定。

スタイリング的には、現行モデルから大きくかわりはなく、新しいLEDテールランプと、標準の16インチ・ホイールのデザインが変更された。また、メタリっく・ブルーとメタリック・レッドという2つのボディ・カラーが追加されている。

インテリアはステアリング・ホイールのデザインが更新され、ディスプレイもグラフィックが新しくされている。また、シートはマッサージ機能を持ち、12方向に調整ができる。すべての最新のフォルクスワーゲン・モデルと同様、インフォテーメント・システムはアップルのCarPlayおよびGoogleのAndroid、そしてミラーリンク・システムと同期される。画面は標準で5インチ、または6.5インチだ。

エンジンは、ターボ付きの4気筒ガソリンおよびディーゼルで、共にユーロ6にてイ号した。ガソリンは、150psの1.4ℓおよび220psの2.0ℓで、ディーゼルは115psおほび180psの2.0ℓだ。また、従来よりある140ps版は、今回パワー・アップされ150psとなっている。

トップ・グレードの2.0ℓガソリン・モデルは6速DSGが標準で、その他は6速マニュアルが標準装備となる。また、2.0ℓディーゼル・モデルには4モーション4WDシステムもオプションで用意される。

この他、セーフティもアップグレードされており、マルチ・コリジョン・ブレーキや、電子パーキング・ブレーキ、ヒル・ホールド・ファンクション、ブラインド・スポット・モニター、クルーズ・コントロール、レーン・キープ・アシスタントなどが標準、あるいはオプションで装備される。

関連テーマ

人気テーマ