京商、ベントレー・ミニカーコレクション発売

2015.03.01

1920年代から1930年代にかけてル・マン24時間耐久レースで5度の勝利を手にしたベントレー。モータースポーツを起源とするこのメーカーは、1998年にVW傘下に収まると一層スポーティでラグジュアリー性の高いラインナップを揃え、世界の富裕層に親しまれている。

今回、1:64スケール京商ミニカーコレクションに加わる第72弾ベントレー・ミニカーコレクションは、旧き良きラインナップから新生ベントレーのモデルまで8車種 + シークレット・アイテムを揃えている。その内訳はロールス・ロイスおよびヴィッカーズ時代のターボR、アルナージT、VWグループに入ってからの2ドア・モデルであるコンチネンタル・スーパースポーツ、コンチネンタル・スーパースポーツSコンバーチブル、2世代目アズール、4ドア・サルーンのフライング・スパー、フラッグシップのミュルザンヌ、そしてブランパン耐久シリーズで活躍したコンチネンタルGT3。これにネット限定モデルとシークレット・アイテムが加わった全17種類というバリエーション。

3月3日から全国のサークルK、サンクスのみで発売される限定販売品で、価格は700円。

 
最新国内ニュース