アウディA1、フェイスリスト

2015.05.12

アウディ ジャパンは、5月12日、アウディA1およびA1スポーツバックにマイナーチェンジを施し、6月18日より発売する。アウディA1は、アウディのラインナップの中にあって最もコンパクトなエントリー・モデルとしてドイツ本国では2010年に、そして日本市場には2011年にデビューしたモデル。その翌年には日本市場では5ドアのA1スポーツバックもモデル・バリエーションとして追加されている。デビュー以来、ワールドワイドで500,000台を販売した実績を持つモデルでもある。

今回は、日本市場導入後4年目のマイナーチェンジとあって、その仕様変更も多い。中でも、最も注目されるべきは、直列3気筒ダイレクト・インジェクション・ターボ・エンジン、1.0TFSIユニットを搭載したことにある。もちろん3気筒ユニットはアウディとしては初の導入となる。ダウンサイジングの波に対応したこのエンジンは、95psのパワーと160Nmのトルクを持ち、燃費はJC08モードで22.9km/ℓという値を持つ。当然ながら、これまでのアウディの歴史の中で最も良い燃料効率である。

また、従来よりラインアップにあった1.4TFSIエンジンもパワーが150psと10psほど上がり、同時に燃費は21.1km/ℓに改善されている。

1.0TFSIおよび1.4TFSIは、共に7速のデュアル・クラッチであるSトロニックが組み合わせられ、新燃費基準である2020年度燃費基準を達成すると同時に、エコカー減税対象車ともなる。

トップ・モデルは、231ps、370Nmの2.0ℓエンジンを搭載する2.0TFSIで、1.0TFSIおよび1.4TFSIがFWDであるのに対し、この2.0TFSIにはクワトロ・システムが採用されている。専用設計となるフロント・サスペンションのピボット・ベアリングと最新の4リンク・リア・サスペンションが与えられるほか、18インチのアロイホイール、アウディ・ドライブ・セレクト、油圧ダンパー・コントロールも標準となる。もちろん、そのサスペンション・チューニングも専用のスポーティなもの。さらに、モディファイされたフロントとリアのスポイラー、4本出しのテール・パイプもこの2.0TFSIだけの装備となる。ちなみに、この2.0TFSIのパフォーマンスは、0-100km/h加速が5.8秒(A1 スポーツバックは5.9秒)、そしてトップ・スピードは250km/hとアナウンスされている。

新エンジンの導入と共に、今回から電動機械式パワー・ステアリングが新たに全モデルに採用されている。基本的に速度が増すにつれアシスト量が弱まるというもので、このマイナーチェンジを機に1.4TFSIシリンダー・オン・デマンドに標準装備となったアウディ・ドライブ・セレクト・システムによってもその効き具合を調整できるようになった。

エクステリアでは、ヘッドランプ、LEDテールランプ、前後バンパーやワイドになったシングルフレーム・グリルなどにデザイン変更を受け、全長も従来モデルよりも20mmほど長くなっている。

インテリアは、インフォテイメント・システムとして、最新のMMI 3G+ナビゲーション・システムがオプション設定された。

グレードは、今回新たにスポーツ・モデルが設定され、さらにSライン・スポーツ・パッケージも従来同様に用意される。1.0TFSIおよび1.4TFSIのスポーツは、ホイールがスタンダード・モデルが15インチなのに対し16インチとなる。2.0TFSIは17インチだ。また、2トーン・カラー、エア・ベントからボディのデコレーション・デカールといった好評なオプションは継続される。

今回フェイスリストを受けたA1の発売を記念した、!stエディション・モデルがA1、A1スポーツバック、それぞれ115台、230台の合計345台販売される。これは1.0TFSIスポーツをベースに、Sライン・エクステリア(Sライン・フロント&リア・バンパー、サイド・スカート、ルーフ・スポイラー)とSライン・エンブレム、ドア・シル・トリム、パドル・シフト付き3スポーク・レザー・ステアリング、ナビ・キセノン・プラス・パッケージ(MMI 3G+ナビゲーション・システム 、バイキセノン・ヘッドライト、自動ヘッドライト・レンジ・コントロール、ヘッドライト・ウォッシャー)、ボディ同色ドア・ミラーが装備されたモデル。ボディ・カラーは ミトス・ブラック・メタリック、グレイシア・ホワイト・メタリック、ミサノ・レッド・パール・エフェクトの3色が設定される。

価格は2,490,000円円から3,490,000円。

 
最新国内ニュース