フォルクスワーゲン・パサートがフル・モデル・チェンジ

2015.07.16

フォルクスワーゲンは、フル・モデルチェンジして8世代目となった新型パサートと、そのステーション・ワゴン・モデルの新型パサート・ヴァリアント本日発表し、同時に全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで販売を開始する。

パサートは、1973年に初代が発売されて以来、過去7世代42年間にわたってフォルクスワーゲンの主力商品であり続けてきたミドル・サイズ・カーの世界的ベストセラーである。

2013年には、全世界での販売台数が、 約110万台に達するなど、今日では、フォルクスワーゲンのラインナップのなかで、ゴルフと並ぶ国際的人気商品に成長している。

8世代目にあたる新型パサートは、フォルクスワーゲン・グループの新しいモジュラー戦略 ‘MQB’ に基づいて開発されたモデルの1台で、本国ドイツを含むヨーロッパ地域では昨年秋にデビューしているが、その技術的完成度とバリュー、さらに、数々の予防安全システムに代表される革新テクノロジーが評価されて、自動車の表彰ではとても権威のある欧州カー・オブ・ザ・イヤー2015に選ばれている。

エクステリア、インテリアだけでなく、シャシーからボディの骨格までMQBの原則にしたがって全面的に再設計されており、先代発売時に話題を呼んだダウンサイジングエンジンの1.4TSIも新開発のMQBユニットとなって、ドライビング性能と燃費効率をさらに改善しているという。

今回発売する新型パサート、パサート・ヴァリアントは、いずれもその 1.4ℓ TSIエンジンを搭載したTSIトレンドライン、TSIコンフォートライン、TSIハイライン、TSI R-ラインの合計8モデルで、全車右ハンドル、7速 DSGを採用している。


▶ 国内初試乗 / フォルクスワーゲン・パサートTSIハイライン
▶ 海外初試乗 / フォルクスワーゲン・パサート2.0 BiTDi GT 4モーション
▶ 海外初試乗 / フォルクスワーゲン・パサート・エステート2.0TDI
▶ 海外初試乗 / フォルクスワーゲン・パサート2.0TDI 150GT
▶ 海外初試乗 / フォルクスワーゲン・パサート1.6 TDI S

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×