マツダMX-5にベンチャー・エディション追加

公開 : 2012.02.18 11:45  更新 : 2017.06.01 00:54

マツダはMX-5にスペシャル・エディションを追加した。MX-5ベンチャー・エディションとネーミングされたこのモデルは、アップグレードされたスペックとインテリア・トリム、そして特別なボディ・カラーを持つ。

ベンチャー・エディションは、1.8MZRソフトトップのSEグレード、または2.0MZRロードスター・クーペのスポーテックをベースとする。

エクステリアでは、ガンメタルにペイントされた17インチ・アロイ・ホイール、フロント・フォグ・ライト、クローム製のフロント・グリル、ピアノ・ブラックのファッションバー、そしてベンチャー・エディションのバッヂが装備される。

一方、インテリアでは、ハバナ・ブラウンのヒーテド・レザー・シート、グレーのステッチが施された本革ステアリングとハンドブレーキ・カバー、インテリアとマッチしたドア・トリム、気温調節式のエアコン、ピアノ・ブラックのダッシュボード・アクセント、アロイ・ペダル、そして衛星ナビが装備される。

サンヨーのトムトム・システムは、5.8インチのタッチスクーンを持ち、iPodおよびブルートゥース機器との接続が可能だ。

MX-5ベンチャー・エディションは、メトロポリタン・グレー・マイカと、ラジアント・エボニー・マイカ、クリスタル・ホワイト・パールれシェンとという3色のボディ・カラーが用意される。

英国のみの発売で、ソフトトップは250台、ロードスター・クーペは550台の限定。価格は1.8ソフトトップが18,995ポンド(228万円)、2.0ロードスター・クーペが22,285ポンド(268万円)だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×