ボルボS60が来年からWTCCに参戦

公開 : 2015.10.14 22:20  更新 : 2017.06.01 02:03

ボルボは、2016年シーズンよりポールスター・シアン・レーシングとして2台のS60を複数年計画でFIA世界ツーリングカー選手権に参戦すると発表した。

私たちはボルボ・カーの最先端テクノロジーと全世界でのエキサイティングなレースとを融合させるグローバルなモータースポーツのプラットフォームとしてFIA WTCC(世界ツーリングカー選手権)を選択しました。WTCCに参加することにより、ボルボのテクノロジーをさらに前進させ、その開発結果を直接サーキットから、パフォーマンス指向の強いお客様に向けた製品にフィードバックしていくことも可能になります」と、ボルボのパフォーマンスブランド、ポールスターのニールス・メーラーCOOはコメントした。

奇しくも今年は、“フライングブリック”(空飛ぶレンガ)と呼ばれたボルボ240ターボで1985年ヨーロッパツーリングカー選手権のタイトルを獲得して30年の節目の年となる。

「今日は私たちポールスター・シアン・レーシングの全員にとってFIAの世界ツーリングカー選手権への挑戦を発表するという重要な日となりました。WTCCワールドチャンピオンのタイトルをスウェーデンに持ち帰るという目標に向かって挑戦を続けていきます」と、ポールスターのモータースポーツ部門の責任者、アレクサンダー・ムルドゼフスキー・シェドビンは語っている。

シアン・レーシングはボルボのパフォーマンスブランド、ポールスターの公式モータースポーツパートナーであり、その協力関係は1996年に始まり、過去にSTCC(スカンジナビアン・ツーリングカー選手権)の6度のドライバータイトル、合わせて7度のチームタイトルを獲得しており、直近では2015年まで3年連続でSTCCのダブルタイトルを獲得した名門チームでもある。

 

人気記事