MAZDA COLLEZIONE

2015.10.04

text & photo:Kazuto Toshishige (利重一人)

 
山口県のエンスージァストにとって秋の恒例イベントとなったMAZDA COLLEZIONE/マツダ・コレッツィオーネを、今年もマツダ美祢自動車試験場(旧美祢サーキット)で盛大に行いました。今回は7年目にして土日とも快晴に恵まれ、地元山口県のオーナーを始め、広島県、福岡県、大分県からも参加いただき、見学車両数も過去最高となる300台以上が集まり、1,000人以上の方が秋の休日を楽しみました。

このイベントは自分の愛車を持ちこんでコースを走る愛車走行会や倶楽部ミーティング、マツダ・ロードスター・アドバイザーの若狭章則氏によるトークショー、ガレージセール、山口県内で昔懐かしいオールディズ演奏で活躍中のRabbit Footのライブなど様々なプログラムを用意しました。

このほかキッズ向けの催しとして、パトカーと白バイを展示しました。パトカーの運転席に座ったり、子供警察服を着て白バイに跨っての記念撮影が人気でした。自衛隊車両の展示コーナーでも、自衛隊服を着ての記念写真ができました。JAFによるシートベルト体感機(シートベルトの必要性を実感できる装置)や、お子様に向けたバス乗り方教室も行い、家族全員が楽しめる内容としました。

パドックではアストン・マーティン福岡のご協力によりV12 ヴァンテージSの展示や、マツダ車の展示も行われ、新型ロードスターやアテンザ等人気の新車の回りは人並みが途切れることはありませんでした。

イベントの最後にはパトカーと白バイを先導に、交通安全を祈願しコースを徐行にて2周して解散となりました。

  • 愛車走行会の参加者は地元山口はもとより、九州からの参加も多かった。

  • ヒストリック・インポートカーの参加が多いのがこのイベントの特徴だ。

  • 場所柄マツダ車の参加が多い。中でもロードスターは歴代が揃った。

  • 開会式では開催に協力いただいた地元関係者や警察から挨拶があった。

  • マツダ・ロードスター・アドバイザーの若狭章則氏によるトークショー。

  • アストン・マーティン福岡の協力によりV12 ヴァンテージSを展示した。

  • ピットにはシトロエン・アミ8の特別展示が行われた。

  • パトカーや白バイに乗って記念撮影ができ、家族連れの人気を集めていた。

  • 会場では自衛隊車両の展示も行われ、制服を着て撮影ができた。

  • JAFによるシートベルト体感機のデモンストレーションが行われた。

  • オールディズの演奏で活躍中のラビットフットのライブが行われた。

  • イベントの最後はパトカーの先導で、交通安全祈願パレードが行われた。