新型アウディQ7、3月下旬より発売

2016.01.14

アウディは、新型アウディQ7を3月下旬より全国の正規ディーラーを通じて販売開始する。

アウディQ7は、最大7人乗りの広いキャビンを備えた多目的に使えるプレミアムSUVで、日本では初代モデルが2006年にデビューしている。

今回初のフル・モデル・チェンジを経て登場したこの2代目モデルは、初代と比較すると車両重量が最大300kg削減されている。

同時にCd値も最高0.31(アダプティブ・エア・サスペンション装着車で高速走行中の車高が下がった状態)を達成するなど、走行抵抗を大幅に減らして、運動性能、燃費効率を改善しているという。

加えて、プレミアムSUVらしい堂々とした佇まい、ボディ外寸を若干縮小しながらもより広く快適になった室内、安全面でのサポートを提供する各種アシスト・システム、およびフル・デジタル・メーターのアウディ・バーチャル・コクピット、大型タッチパッドを備えた最新世代のアウディMMI、各社スマートフォンとの接続を可能にしたアウディ・コネクトといった装備やテクノロジーが特徴である。

搭載エンジンは2.0ℓ直列4気筒DOHCターボチャージャー(252ps/37.7kg-m)。トランスミッションは8速ティプトロニック。右ハンドル仕様の設定のみとなり価格は8,040,000円〜。3.0ℓV型6気筒DOHCスーパーチャージャー(333ps/60.8kg-m)のモデルも右ハンドル仕様のみ。価格は9,290,000円〜。

新社長の斎藤徹は会場にて、2015年の世界販売台数が180万台を達成したことを発表した。


▶ 海外初試乗 / アウディQ7 3.0TDI Sライン
▶ 海外初試乗 / アウディQ7 3.0TDI 218 SE
▶ 海外初試乗 / アウディQ7 e-トロン

関連テーマ

 
最新国内ニュース