アウディQ6 e-トロンが製品化へ

公開 : 2016.01.21 22:20  更新 : 2017.06.01 01:39

アウディはバッテリー-エレクトロリックSUVを2018年より制作することを発表した。

名前はQ6となる予定であり、昨年のフランクフルト・モーターショーで姿を現したアウディe-トロン・クワトロ・コンセプトを主軸に開発が進められるようだ。

同社は3つのモーターと急速充電に対応した大容量バッテリーを用いて、スポーティさ、ダイナミクス、高効率性を同時に実現することを明言している。

1度の充電で500kmの航続が可能なようだ。

組み立てはブリュッセルの工場で行われるとのことで、バッテリーも同工場で内製するという。

チェアマンのルパート・シュタートラーは「フォルクスワーゲン・グループとコンポーネントをシェアすることも有益な選択といえるでしょう」と説明。

まだ情報は少ないが、先述のようにe-トロン・クワトロ・コンセプトの内容の多くを引き継ぐとのことなので、まずはコチラを参考にしていただきたい。


▶ 2015 フランクフルト・モーターショー

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事