ヴォグゾール・コルサ1.4T 150レッド・エディション

公開 : 2016.03.30 23:50  更新 : 2017.05.29 18:29

ヴォグゾール・コルサ。同社の小型モデルである。この ‘ウォームハッチ’ は価格上昇分の価値があるのかを、レッド・エディションを試して判断する。

■どんなクルマ?

たった今まで、4代目のコルサには足りないものがあった。それは ‘スポーティ・グレード’ ともいうべきか、ベース・モデルトップ・グレードのあいだのモデルである。2台のあいだに大きなギャップがあったのだ。

そこでヴォグゾールはレッド・エディションを用意した。ヴォグゾール製1.4ℓターボ・ガソリン・エンジンに手を加えることで、最高出力と最大トルクはそれぞれ150psと22.4kg-mに達するようになった。

またベース・グレードと差異をつけるために、ダイアモンド・カットの17インチ・アロイ・ホイールを装着し、リア・スポイラーは大型のものに変えられている。ボディ・キットもベース・グレードよりアグレッシブなものとなり、ルーフも黒くなった。内装においてはスポーツ・シートやレッド・トリム、スポーツ・ペダルが目で見てわかる識別点になっている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記