BMW i8に、専用外装色の限定車を設定

2016.05.30

BMWは、創立100周年を記念した特別限定車の第7弾モデルとして、BMW i8の限定モデル、セレブレーション・エディション・プロトニック・レッドを、20台の台数限定で発売した。

今回の限定車は、BMW iとして初採用される赤色の専用ボディ・カラー「プロトニック・レッド」を身に纏い、オービット・グレーの塗装が施された専用20インチ・アロイホイールとの組み合わせにより、圧倒的な存在感を放つスタイリングを実現している。加えて、LEDヘッドライトに比べ2倍もの照射距離を実現した次世代のライト技術「BMWレーザー・ライト」を標準装備とした。

インテリアは、随所に赤色のステッチが施されたブラックの専用インテリア「CARPO」と、カーボン・インテリア・トリムの専用装備の組み合わせが、魅力的な室内空間を演出。エディション・ネームの入った専用ドア・シル・プレートやシリアル・ナンバー入り専用インテリア・バッヂも装備した。

納車は10月以降を予定しており、価格は22,000,000円。


▶海外ニュース / BMW i8、非接触式充電をマイナーチェンジで適用か
▶海外ニュース / カーレビュー スピード&エコ・チャレンジ

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

      ×