メルセデス・ベンツSLS AMG GT

公開 : 2012.11.01 18:16  更新 : 2017.05.23 16:40

■どんなクルマ?

メルセデス・ベンツSLS AMG GTは、SLS AMGをベースに、GTレースをサポートしているAMGワークスによってチューニングを施されたモデルだ。ガルウィングのクーペは180,000ポンド(2,325万円)、クーペは188,000ポンド(2,430万円)という、ベース・モデルに対して12,000ポンド(155万円)高い価格が付けられている。このSLS AMG GTは、ほんの短い間だけになるが、メルセデスのフラッグシップに君臨することとなる。というのも、開発最終段階に入ったSLS AMG ブラック・シリーズがその後に控えているからだ。

SLS AMG GTは、暗くされたヘッドランプとテールライト・レンズ、ハイグロス・フィニッシュされたフロント・グリル、エクステリア・ミラー・ハウジング、ボンネット・フィン、そして赤いブレーキ・キャリパーがスタンダード・モデルとの違いだ。インテリアでは、若干リスタイルされたインストルメント・パネルと、より多く使用されるアルカンタラ・レザーがその特徴。

エンジンは、吸気特性を変更したことによって、パワーは18bhp多い581bhpを6800rpmで発生する。トルクは変更なく66.2kg-m/4750rpmだ。このエンジン・パワーの増大に併せて、その7速デュアル・クラッチのソフトウェア・アルゴリズムも変更された。特に、シフトダウンの際に、よりブリッピングが激しくなっている。

サスペンションもリチューンされている。型式やその高さは変わりないが、弾性動力の特性はよりナチュラルな方向に味付けされている。しかし、タイヤ・サイズはフロントが265/35-19、リアが295/30-20とオリジナル・モデルと変わりない。

■どんな感じ?

スターター・ボタンをプッシュした瞬間から、ノーマルのSLS AMGとは異なることがわかる。スタンダードなSLS AMGよりもバリトンの効いたエグゾースト・ノートがコクピットに響いてくるのだ。

ノーマル・アスピレーションのV8エンジンは、ライバルたちのターボ・エンジンと比較するとローエンドでのパワーが少ないように感じるが、逆にミッド・レンジでのパンチを感じる。ちなみに、0-100km/h加速は、スタンダード・モデルよりも0.1秒速い3.7秒をマークする。

AMGの開発チーフ、トビアス・メールスによれば、SLS AMG GTは、初期モデルのSLS AMGよりも遥かにハイレベルなセッティングがされているという。特に、そのギアボックスの動作改良は著しい。それは、全力で加速している時や、シフトダウン時に明解に感じることができる。新しいソフトウェアの採用によってもたらされたものだが、この改良が既存のSLSのオーナーに提供されるかどうかは明らかになっていない。

ステアリングも改良されているとメールスは言う。直進付近に若干の遊びはあるものの、切り出してしまえばレスポンスは良く、重みもあり、信頼性の高いフィーリングがある。

大きな径のアンチロール・バーと、新しいプッシュ、そして固くなったダンパーとスプリングによって、その乗り心地はスタンダードなSLS AMGよりも固い。また、タイヤ・ノイズも低速、高速問わずに大きい。そのため、このクルマを単なるグラン・ツーリスモとして評価するならば、スタンダード・モデルよりも優れているところはないかもしれない。

しかし、ホッケンハイムでのテスト・ドライブでは、ニュートラルなハンドリングと、ターン・インに時の少ないボディ・ロールに、スタンダードなSLS AMGとは異なるフィーリングを感じた。初期のアンダーステアとロールステアは抑えられ、リア・ホイールの追従性も改善されている。快適性が犠牲にされた反面、コントロールは格段に向上しているのだ。

SLS AMG GTは、スタンダードなSLS AMGより鋭く敏感なモデルであり、生き生きとした活発なモデルでもあるのだ。

■「買い」か?

SLS AMG GTは、日常のトランスポーターとしては価値は低くなったかもしれない。公道でリムジンのような快適さは期待しないほうが良い。しかし、こと走りに関してはプレミアムな価値を持った1台だ。ドライブすることに関しては、刺激的なクルマに仕上がっている。メールスと彼のエンジニアリング・チームがSLS AMGにもたらした変化は、本当に素晴らしいものであった。

(グレッグ・ケーブル)

メルセデス・ベンツSLS AMG GT

価格 180,000ポンド(2,325万円)
最高速度 320km/h
0-100km/h加速 3.7秒
燃費 7.6km/l
CO2排出量 308g/km
乾燥重量 1660kg
エンジン V型8気筒6208cc
最高出力 583bhp/6800rpm
最大トルク 66.2kg-m/4750rpm
ギアボックス 7速デュアルクラッチ

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×