メルセデス・ベンツ、エレクトリックSUVを今秋公開

公開 : 2016.06.08 22:30  更新 : 2017.12.14 12:31

今秋開催のパリ・モーターショーで、メルセデス・ベンツはエレクトリックSUVコンセプトを公開する予定だ。これは、メルセデスのEV戦略における重要なファーストステップになると、同社の幹部は認めている。

シュツットガルトで目下開発中のこの新型コンセプトは、メルセデスとして初めて、EV専用のテクニカルレイアウト、車両サイズ、内外装設計などを明確に示すものだという。テスラ・モデルX、アウディやジャガーが計画しているエレクトリックSUVを、どのような形で追いかけることになるのか注目される。

また、メルセデスが2019年に導入予定のEVシリーズには、ほかにもテスラ・モデルSなどの自動運転機能を搭載する高級サルーンのライバルモデルが予定されている。

メルセデスのEVといえば現行モデルでは、スマートフォーツーやBクラスのいちラインアップであり、限られた台数という印象が強い。しかし、今回のモデルは、プラットフォームをメルセデス・ベンツGLCの水素燃料電池モデルと共用し、デザイン言語も同じものを適用していく。

関係者は「メルセデスの電気自動車というユニークなモデルのために、まったく新しい外観を用意しています」とAUTOCARに明かしている。

一方で、同社のマーケティング担当取締役のオラ・ケレニウスは、フォーミュラEに参戦することで、エレクトリック・ビークルの展開を加速できるとも考えている。「現段階ではなにも決まっていませんが、ジャガー、ルノー、シトロエン、VWがサポートするフォーミュラEへの参戦に関心はあります。市販車へ技術的フィードバックが可能かどうかが、判断の大きな分かれ目となるでしょう」


▶海外ニュース / メルセデス、EV用のサブ・ブランドを計画中か

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事