次世代型メルセデス・ベンツGLEの撮影に成功

公開 : 2016.06.08 22:20  更新 : 2017.06.01 01:30

メルセデス・ベンツの次世代型GLEが、同社研究開発センターのテストコースで初めてキャッチされた。

GLEは昨年発表されたばかりだが、すでに後継モデルの開発は始まっているようだ。今回のスパイショットでも、現行のW166につづく社内コード、W167がテスト車両後部に確認できる。

撮影された車両は、カモフラージュが施されているものの、フロントエンドが完全な新設計となっていることが容易に見て取れる。また、目を引くホイールアーチが採用され、SUVテイストがいっそう強調されているのも特徴だ。

ボディサイドのパネルにほとんど変更はないようだが、車高はやや低まったように見える。これは、ルーフレールが未装着のためかもしれない。

車体後部はリデザインが行われ、テールランプの意匠が新しくなったほか、ナンバープレート部分の凹みが小ぶりになったようだ。リアのステップについては、外すことになったのか、偽装で隠されているのか、今回の写真だけでは判断が難しい。

ただ、前後オーバーハングがやや縮小されているのを確認でき、これはホイールベースの拡大を物語っている。

新型の登場は2019年になると思われ、GLEクーペもこれに続いて仕様変更されるものと考えられる。


▶ 国内ニュース / メルセデス初のSUVクーペ、GLEクーペを発売
▶ 海外初試乗 / メルセデス・ベンツGLE 350d AMGライン

関連テーマ

人気テーマ