スズキ・スイフトRSをマイナーチェンジ

2012.11.05

スズキは、スイフトRSにマイナーチェンジを施し、11月5日より発売を開始した。

スズキ・スイフトRSは、欧州仕様のチューニングを施した足回りが特徴のモデルだが、今回も欧州仕様と同様のチューニングを施した足廻りを採用。減衰力を高めて硬めの設定としたダンパー、素材構成を変更して旋回時の応答性を高めたタイヤ、高速走行時の直進安定性を重視した設定のパワーステアリングコントローラーが採用される。また、フロントスパッツ、サイドアンダースポイラー、リヤアンダースポイラー、ルーフエンドスポイラーといったエクステリアの充実も計られている。

今回のマイナーチェンジでは、約45〜100km/hの間で設定が可能なクルーズコントロールの装備、CVT車に7速マニュアルモード付パドルシフトの採用、2WD車にリヤディスクブレーキを採用(4WD車は標準装備)、オートライト付ディスチャージヘッドランプ(メーカーオプション設定)のヘッドランプ内のメタリックグレー塗装、単眼の大型ストップランプを内蔵したリヤコンビネーションランプを採用、そしてシルバーステッチを施した黒基調の専用ファブリックシート表皮を採用、などが前モデルとの相違点。

価格は、1,391,250円から1,569,750円まで。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

      ×