日産、自動運転技術および新型セレナをワールドプレミア

2016.07.13

日産は、自動運転技術のプロパイロット、および8月下旬発表予定の新型セレナをワールドプレミアした。

5代目のセレナは、日産の自動運転技術のプロパイロットを搭載しながら、300万円を切る車両価格で発表される予定だ。

新型は、従来のセレナの要素を引き継ぎながら、新しいミニバンの世界観を取り入れている。フロントは先代から受け継いだ2段構成のヘッドランプと、日産ならではのVモーショングリルという構成だ。また、2トーンボディカラーとDピラーレスのデザインを採用している。

ダッシュボードは横方向の流れをテーマに、メーターを薄型化。パノラミックな開放感を与えている。室内は、5ナンバー・サイズを維持しながらも室内幅1545mm、室内長3240mmを達成した。

先進機能は、インテリジェントパーキング・アシスト、アラウンドビューモニター(移動物検知システム)、スマートルームミラーを搭載。

価格や車種については今後発表される。

高速道路で同一車線を自動運転


あわせて、新型セレナに搭載する自動運転技術、プロパイロットがワールドプレミアされた。

プロパイロットは、高速道路の同一車線における自動運転を支援するもので日本メーカー初のテクノロジーだ。

これは、前走車の動きにあわせてストップ&ゴーするほか、カメラが車線を検知しレーン中央を走行。渋滞運転の不可軽減や長距離移動を便利にするものである。

現状では「運転支援」の範疇であるが、自動運転の要素(ステアリング・アクセル・ブレーキの自動化)で構成されるのが特徴。日産は、2018年には高速道路の複数車線の自動運転、2020年には交差点を含む市街地の自動運転を実現するとしている。

作動は、スイッチ2つで起動し、同一車線における追従走行または、設定車速で定速走行を行い、カーブではステアリングを制御、割り込みにも対応する。

システム構成は、カメラ、アクセル・操舵・制動のコントロールユニット、停止を保持する電動パーキングブレーキなど。

とくに、カメラの画像解析技術は高い水準のもので、日産、およびイスラエルのモービルアイ社のテクノロジーにより、前走車や白線を瞬時に三次元把握。割り込んできた車両の形、大きさを正確に走行に反映できる。

プロパイロット作動時の走りについては、S字でふくらみの無いライントレースが可能(切り遅れ、切り戻しがない)で、不整路・カント(雨水を流すための路面の傾斜)の影響を受けにくいという。

日産は、制限された状況における自動運転であるが、高速道路の同一車線走行というのは、非常に多いシチュエーションだとしている。

 
最新国内ニュース

人気記事