アウディRS3サルーンのニュルブルクリンクでのテスト・ショット

公開 : 2016.07.19 04:50  更新 : 2017.06.01 01:28

5気筒ユニットを搭載したアウディRS3サルーンは、現在ニュルブルクリンクでテストを行っている最中だ。RS3専用バンパー、より広いフロント・ホイールアーチ、デュアル・エグゾースト・パイプなどといった一部を除くと、S3サルーンとほぼ同一の外観だ。

そのエンジン・フードの下には、367ps、47.4kg-mの2.5ℓターボ・ユニットが搭載される。

ボディはRS3スポーツバックよりも15kgほど重くなるため、0-100km/h加速は、スポーツバックよりも0,1秒遅い4.4秒となる。

スポーツバックに搭載される7速デュアル・クラッチと、クワトロ・システムは引き継がれ、そのハンドリングとキャラクターはスポーツバックと同一になるように仕上げられている。

ニュルブルクリンクでその姿を確認しているものの、アウディはRS3サルーンの存在を公式にはアナウンスしていない。しかし、関係者は来年初めにはリリースできると語っていた。

RS3サルーンは、おそらくRS3スポーツバックよりも£2,600(37万円)ほど高価になる予定で、£43,400(610万円)程度の価格となると思われる。

RS3サルーンのライバルはメルセデス-AMG CLA45で、こちらは372psの2ℓ4気筒ターボを搭載し、価格は£42,550(595万円)からと、パワー的にも価格的にもドンピシャとなる。



▶ 海外初試乗 / アウディS3サルーン

関連テーマ