ポルシェ718ケイマン2.0

公開 : 2016.09.09 05:40  更新 : 2017.05.29 19:03

今のところ先代ほど音がよくないという点は明確だが、さて、その他の部分は成長しているだろうか?

■どんなクルマ?

「718ケイマンは、フラット6を載せていないの?! なんてこった!」少なからぬ人は泣いている。過去をしのび、あたらしい歴史をなかなか受け入れられない人は。

わたし? わたしもフラット6の方が好きである。けれど、進化した部分には歓迎できる部分もある。切望していたわけではないし、叫び喜ぶほどでもないが、それでもきちんと進歩していて、それを受け入れられる。

いま目の前に停まっているこのクルマは、4気筒エンジンを載せている。過去に固執することはあっさりとやめた結果だ。音について? あとで触れるつもりだが、文句は言うまいと言い聞かせている。

ちなみにこれまでの2.7ℓ自然吸気フラット6に替わる2.0ℓターボ・フラット4は、先代よりもパワフルな300psを叩きだす。トルクに至っては、9.1kg-mも増えている。

それ以外にも、スタイリング、ケイマンGT4からヒントを得たサスペンション、インフォテインメント・システムなど細かいところが変わっている。まずは乗ってたしかめなきゃ、といった心もちである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事