新型ダチア・サンデロの姿が明らかに

公開 : 2016.09.29 15:20  更新 : 2017.06.01 00:40

2017年のモデルイヤーに向けてリフレッシュされたダチア・サンデロがパリー・モーターショーで公開された。

トップモデルは、新たなヘッドライト・クラスターにLEDデイ・ランニングライトを搭載するほか、新デザインのフロントバンパーと人目をひく造形のフロントグリルを採用した。テールライトも新しいデザインになっている。

インテリアでは、素材の変更やブートスペースの利便性向上が図られた。

こうした変更はサンデロ、ハードな印象を強めたサンデロ・ステップウェイ、エステート仕様のローガンMCVというモデルにも適用される。

ダチアはパリ・モーターショーで車両の詳細、とくにパワートレインのアップデートを明かすとしており、新型エンジンは同じグループのルノーから提供を受けるという話も出ている。

価格は現行モデルのスターティング・プライスである£5995(80万円)から大きく変わらない見込みだ。


▶ 2016 パリ・モーターショー

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×