ミニ・カントリーマンのオフロード・バージョンを開発中

公開 : 2016.10.29 04:10  更新 : 2017.06.01 00:34

ミニ・カントリーマンが発表されたばかりだが、AUTOCARはこのカントリーマンをベースとしたオフロード・バージョンが計画されていると考えている。

関係者によれば、この険しいプリペアを施されたモデルは、高い車高が特徴で、フロントとリアにはスキッド・プレートが装備されるという。また、大きなドライビング・ライトと新しいホイールアーチ、リア・バンパー・デザインも与えられる。

カントリーマンはBMW 2シリーズをベースとしたモデルで、X1とも同じUKL1プラットフォームを持つ。

先日、AUTOCARは南フランスのBMWテスト・トラックで兄弟車である2シリーズの4WDバージョンをドライブしたが、このプラットフォームの剛性は4WDモデルでも充分に対応していることが理解できた他、ブレーキに採用された電子制御とクロス・アクスル・トルク・ディストリビューションが非常に有用であることもわかった。

カントリーマンの短いオーバーハングは、オフロード・バージョンには有効となるだろう。


▶ 海外ニュース / 価格、グレード、スペックを掲載、2代目ミニ・カントリーマン発表

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事