スコダ・オクタビアの2017年モデルを発表

公開 : 2016.10.29 04:20  更新 : 2017.06.01 00:34

新しいフロントおよびリア・エンド・デザインと、アップデートされた装備を持つスコダ・オクタビアの2017年モデルの写真が公開された。

スコダのベストセラー・モデルゆえにその変化は少ないが、デビューしたばかりのSUVモデル、コディアックとも共通の角ばったフロント・グリルと4灯式となったLEDヘッドランプが大きく変わったとこだろう。また、テール・ランプもリデザインされている。

また、ボンネットもより現代的なシェイプに変更され、16インチ、17インチ、18インチのホイールも新デザインとなった。

キャビンのインフォテインメント・システムは3つのグレードがあるが、ボレロ、アムンゼンとトップ・エンドのコロンブスには、現行モデルよりもタッチにセンシティブでレスポンスの良い9.2インチ・モニターが装備される。また、ドライバー・アシスタンスも歩行者保護を含みアップデートされている。また、スコダのケア・コネクトという故障や緊急時に連絡するシステムも提供される。

エンジンは115psの1.0ℓと150psの1.4ℓガソリン、115psの1.6ℓと150psの2.0ℓディーゼルが設定される。



▶ 海外初試乗 / スコダ・オクタビア1.0 TSI S
▶ 海外初試乗 / スコダ・オクタビアS 1.0 TSI
▶ 海外初試乗 / スコダ・オクタビアvRS 2.0 TDI
▶ 海外初試乗 / スコダ・オクタビアvRS 230
▶ 海外初試乗 / スコダ・スパーブ2.0TDI 150 ラウリン・アンド・クレメント
▶ 海外初試乗 / スコダ・オクタビア・スカウト2.0TDI 150 4×4

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×