マセラティ、モデルサイクル後期にレバンテのホット・バージョンを追加か

公開 : 2016.12.06 04:30  更新 : 2017.06.01 00:33

マセラティ・レバンテのモデルサイクル後期にクアトロポルテに使用されているV8ユニットを搭載したホット・バージョンを追加するという噂が出ている。

マセラティは、そのモデルサイクルの後期に、500ps以上のパワーを持つホット・バージョンをレバンテに追加する予定があるという。

そのエンジンには、クアトロポルテに搭載されている3.8ℓV8が採用される予定で、パワーは530ps、トルクは66.2kg-mだという。その結果、パフォーマンスは0-100km/hが4.5秒程度になるという。これはレバンテ・ディーゼルよりも2秒以上速いタイムだ。

マセラティのグローバル・オペレーション責任者のアルベルト・カヴァッジオーニは、「BMW X6Mなどのライバルに対抗するために、クアトロポルテのエンジンを使うことは考えられる。しかし、そのためにはある程度のボリュームが見込めることが必要だ。」とコメントしている。

但し、現行のクアトロポルテには沢山の改善ポイントがあり、それに取り組む必要もあるとしている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事