雪上ランデブー画像、今回はミドシップ・コルベットC8、2018年発表モデル

公開 : 2017.02.07 04:30  更新 : 2017.06.01 00:30

今年初となる、シボレー・コルベットC8のスパイショットが撮影された。最新画像では、間違いなくミドシップ・スーパーカーのシルエットになっていることが確認できる。

今回の画像は、ウインターテスト中のもので、現行C7のサーキット向け車両であるコルベットZR1を(仲良く)引き連れている。

短いノーズと長いリアセクションのペアがしっかりと写っているし、リアに2つのサポートバーを持ち、フラットなセンター・セクションが与えられるなど、これまでのフロント・エンジンからミドシップになったことを伺わせる。

一度消えかけたミドシップ・コルベット開発

ミドシップ・コルベットは2008年に開発の話が上がったものの、リーマン・ショックの影響でお蔵入りになった経緯がある。しかし、関係筋によれば、その計画が再浮上したという。

エンジンは、厳しいエミッション規制をクリアするために、V6ターボが使用され、一部のトップ・モデルにのみV8が搭載されるという。

写真のテスト車両が示すように、コルベットC8はまだ開発の初期段階である。リリースは2018年のノース・アメリカン・インターナショナル・モーターショーで、販売は2019年からスタートする計画だ。


▶海外ニュース / 雪山でランデブー走行、GLC63とGLC63クーペの開発車両