ランボルギーニ、イタリアで「最も魅力的な雇い主」に選出される

公開 : 2017.02.14 12:12  更新 : 2017.06.01 00:29

アウトモビーリ・ランボルギーニは、イタリアにおける「最も魅力的な雇い主2017」に選出された。会社として人事管理、職場環境などがしっかりしているのが大きな魅力だ。

この賞は、優れた職場環境、そして人事管理の先進性などが評価基準となる。また、現在1,415人が務めるランボルギーニだが、今年から生産が始まるSUVモデル、ウルスのために新たに320人の雇用をすることも評価された。

ランボルギーニのCEO、ステファノ・ドメニカリは、「最高の雇い主として評価されたのは、社内への恒常的な投資が、会社の将来の成功のために非常に重要なことであるということが理解されたためだと思う。また、ランボルギーニは今、異常な成長期にある。新しいSUVによって、われわれの売上および生産台数は現在の2倍になる予定だ。強いブランドは、高い能力を持った人員を確保するのにつながっている。彼らの専門性に投資することこそが重要なのだ。」と語った。

ランボルギーニでは、従業員とその家族とが、職場以外でも幸福を享受できるとことを目標としている。ランボルギーニの社内食堂では「産直品を使ったロー・カロリー・メニュー」が出され、予防接種、女性の従業員には胸部検診、全家族のための医者の訪問も含む入院、通院に対応した健康保険、出産時の補助、出産休暇時の60%の賃金補償、スポーツ施設・保健施設の従業員割引などが提供される。

また、専門の技術を伸ばすためにセミナーも開催され、資格取得のための有給休暇も与えられる。更に、ボストンのMITやボローニャ・ビジネス・スクール財団でのトレーニングも可能だという。

関連テーマ